スマホとレーザー距離計で測定概要動画❶





スマホとレーザー距離計で測定概要動画❷








スマホとレーザー距離計で測定概要動画❸








スマホとレーザー距離計で測定概要動画❹








スマホとレーザー距離計で測定概要動画❺








スマホとレーザー距離計で測定概要現場調査を簡単見える化の無料アプリ

画像の説明





スマホとレーザー距離計で測定概要現場調査を簡単見える化

画像の説明
P1
画像の説明
P2
画像の説明
P3
画像の説明
P4

上記マニュアルDL





現場調査をスマホとレーザー距離計で簡単見える化




画像の説明
P1
画像の説明
P2
画像の説明
P3
画像の説明
P4
画像の説明
P5
画像の説明
P6
画像の説明
P7
画像の説明
P8
画像の説明
P9
画像の説明
P10
画像の説明
P11
画像の説明
P12
画像の説明
P13
画像の説明
P14
画像の説明
P15
画像の説明
P16
画像の説明
P17
画像の説明
P18
画像の説明
P19
画像の説明
P20
画像の説明
P21
画像の説明
P22
画像の説明
P23
画像の説明
P24
画像の説明
P25
画像の説明
P26
画像の説明
P27
画像の説明
P28
画像の説明
P29

上記マニュアルDL


現場調査写真から各所の寸法測定をして作業能率を向上する




SketchUpの写真照合で可能




SketchUpを動画で学ぶ

画像の説明



3Dモデルに写真投影で貼付け

画像の説明





写真から3Dモデルを作成するインターネット情報

画像の説明

















写真から3Dモデルを作成する

画像の説明

マニュアル①DL






画像の説明

マニュアル②DL






写真から作成した3Dモデルから寸法を測定する

クリックで拡大

現場で写真を撮影する。一ケ所寸法を測定しておく。

画像の説明
SketchUp写真照合で写真を3D化。

クリックで拡大
3D化モデルになりました。



クリックで拡大

建物を写真から3D化して、縮尺の変更操作を行うと各所の寸法が実寸で測定できる


クリックで拡大

建物を写真から3D化して、縮尺の変更操作を行うと各所の寸法が実寸で測定できる。現場で測定忘れしてもデスクで測定できる。裏側の見えなかった部分の寸法も想定できる。

クリックで拡大

建物を写真から3D化して、縮尺の変更操作を行うと各所の寸法が実寸で測定できる。現場で測定忘れしてもデスクで測定できる。


写真から建物作図、各種の寸法も測定可能にする

syukusyaku1

写真縮尺を実寸縮尺に変更マニュアル




フリーソフトでCAD出力のPDFに検索可能なテキストを埋込たい

画像の説明



PDF種類を編集 入れ替え・抽出・一部削除・挿入等したい

画像の説明

画像の説明

「snipping」ツールでPC画面を切り抜き(一部切り抜)をしたい

Windowsアクセサリーの「snipping」ツールを使用します。

画像の説明

Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする

Windows 10
何かをコピーする最も簡単な方法は、画面のスナップショットをキャプチャすることです。この操作を行うのが、Snipping Tool です。このツールを使って、ニュース記事、映画批評、レシピなどを保存および共有できます。

PC の画面の一部または全体をキャプチャし、メモを追加したり、切り取り領域を保存したり、Snipping Tool ウィンドウからメールで送信したりすることができます。次の種類の領域切り取りを行うことができます。

切り取り領域をキャプチャした後、その領域は Snipping Tool ウィンドウに自動的にコピーされます。そこから、その切り取り領域にコメントを付け、その領域を保存し、共有できます。次の手順では、Snipping Tool の使用方法を説明します。

Snipping Tool を開く

Windows 10 の場合
[スタート] 画像の説明ボタンを選択します。
タスク バーの検索ボックスに「snipping tool」と入力し、結果の一覧から[Snipping Tool] を選択します。

切り取り領域をキャプチャする

Snipping Tool で[モード] を選択して (以前のバージョンでは [新規作成] ボタンの横にある矢印を選択して)、切り取り領域の種類を選択し、キャプチャする画面上の領域を指定します。

画像の説明

メニューの切り取り領域をキャプチャする

  1. Snipping Tool を開いた後、画像が必要なメニューを開きます (Windows 7 の場合は、メニューを開く前に Esc キーを押します)。
  2. Ctrl キーを押しながら PrtScn キーを押します。これにより、[開く] メニューを含めて、画面全体をキャプチャできます。
  3. [モード] を選択して (以前のバージョンでは [新規作成] ボタンの横にある矢印を選択して)、切り取り領域の種類を選択し、キャプチャする画面上の領域を指定します。

切り取り領域にコメントを付ける

切り取り領域をキャプチャした後、[ペン] または [蛍光ペン] ボタンを選択することで、その切り取り領域上またはその周囲に書き込んだり描画したりできます。書き込んだ線を消すには、[消しゴム] を選択します。

切り取り領域を保存する

  1. 切り取り領域をキャプチャした後、[切り取り領域の保存] ボタンを選択します。
  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイル名、場所、および種類を入力し、[保存] を選択します。

メーカーや他社のPDF形式のCAD図面をCADデータに変換して再利用したい